ロリポップとhetemlのレスポンス(ping編)

サーバやCMSについて、いろいろテストしたものをまとめたいと思っている今日この頃。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、以前から何度か調べていたレンタルサーバの通信速度とレスポンス具合ですが、うちでも多くのサイトで利用させてもらっている「ロリポップ!」と「heteml」の最近の具合をちょっとチェックしてみました。

2ヶ月前に大規模なアタックを受け、セキュリティーをアップさせた様で、パーミッションに手を入れられたり、CGIやPHPをフルパス指定で利用できなくしたり、その他色々変更されているみたいなので、レスポンスにも影響が出てるかと思われます。

そして、「ロリポップ!」の上級モデルである「heteml」とが、コスト相応の性能を出しているのか?

それをレスポンスの面で調べてみました。

テストサーバには管理している「ロリポップ!」サイトと「heteml」サイトを置いているサーバから、無作為に10サイトづつを選びました。

テスト方法はフレッツ光回線でインターネットに接続してあるMac OS 10.8のiMacから、Terminalを使ってpingを飛ばし、10回の平均値を取る事を数度繰り返し、最大値と最小値を出した回を省いた残りからデータの平均値です。

lolipop-heteml_ping_test_2013-10-28

table-01はロリポップ!hetemlが大規模なアタックを受けた約2ヶ月後にテストしたデータです。table-02はその半年前にテストしたデータで、今回の攻撃前のデータです。

どちらも同じ場所の同じMacでテストしています。

これを見る限りは、ロリポップ!は若干レスポンスがアップしています。
ttlは、起点の64から、ルータ間の受け渡し回数(ホップ数)を引いた数になるので、数値が小さい程多くのルータを通過している事になるんですが、何故か通過するルータ数が少なくなっています。これがレスポンスアップの原因だと思われます。
ロリポップ!はSSDを一部導入したりしているので、それが影響しているのかもしてません。

hetemlの方は、table-02よりtable-01の方がレスポンスが落ちています。table-01は早朝5時代、Table-02は深夜の12時前ですので、回線が込み合うTable-02よりTable-01の方が有利な筈です。
またttlも同じなので、セキュリティーアップによる影響が出ているのかもしれません。

因にtable-03はtable-02の約4時間20分前の夜の早い時間帯に、少し離れた事務所で、同じくフレッツ光とMac OS 10.7のiMacで、同様に調べた結果です。
回線が込み合う時間帯と、事務所内のローカルネットの設定の所為でレスポンスが悪いですが、やはりhetemlのレスポンスが良くないです。

ロリポプラン 詳細はこちら」でのサーバ使用料は¥525/月(税込)。
heteml」のサーバ使用料は¥1575/月(税込)。

単純にpingでの結果だけ見ると「ロリポップ!」の方がお徳感が有ります。
(でも、サイトを置いているサーバの、他の利用者へのアクセスが多い場合など、やはりhetemlが有利ですね)

ちなみにうちの環境では、tracerouteすると、ロリポップ!に辿り着く直前ははinterQ、hetemlに辿り着く直前がさくらインターネットでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です