P3 (Plugin Performance Profiler) の日本語化

P3 日本語化ファイルを見かけないので、作りました

P3 (Plugin Performance Profiler)

インストールしたプラグインの処理速度を計測し、WordPressに負担をかけているものを特定したい時、定番なのがP3 (Plugin Performance Profiler)です。

よく使われる割に日本語化されず、プラグインに予め含まれている多言語ファイルはトルコ語だけと言う状態(なぜトルコ語?)。日本語化poファイルもmoファイルも見かけないので作成してみました。

しかし作成はしてみたものの、’load’ やら ‘profiler’ やら ‘scan’ やら、長文以外は日本語より英語のままの方がイメージが伝わり易い様な気もします。
今回は’YSlow’ や ‘Google PageSpeed’ など日本語化できない箇所も多かったですから、86%の日本語化となっています。

バイナリ化した日本語化moファイルと、Poeditやeditorで修正出来るpoファイル(ウイルスチェック済み)をダウンロード出来る様にしましたので、宜しければお使い下さい。
この日本語化ファイルは、当方の環境では問題は起きていませんが、使用環境の違いでトラブルが発生する事が有るかもしれません。万が一不具合等が発生しても当方では責任を負いかねますので、ご容赦ください。使用に際しては自己責任でお願い致します。

P3 (Plugin Performance Profiler) の日本語化ファイル使用方法

  1. 下のダウンローダーから、’p3-profiler-ja.mo‘ ファイルと ‘p3-profiler-ja.po‘ ファイルをダウンロードします。
  2. 完全日本語化したいP3 (Plugin Performance Profiler) プラグインのディレクトリの ‘languages’ ディレクトリ(WordPressサイトの /’wp-content/plugins/p3-profiler/languages/ )に、ダウンロードした‘p3-profiler.mo‘ ファイルと ‘p3-profiler.po‘ファイルをアップロードします。

これだけで日本語化できます。

実際にP3プラグインで試しながら日本語化しましたが、日本語訳が熟れていなかったり、英語のままの方が良い箇所も有ると思います。またおかしな点や修正した方が良い箇所も有るかもしれません。
日本語化ファイルを良いものにしていきますので、お気づきの点が有りましたら、是非ご連絡下さい。
宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です