iFaxを使ってますか?

NTTのiFax
ここのところ中身の薄い記事が続いていたので、ここいらでちょっと実用的な事を。

今、ある販売店のグループのサイトシステム(各販売店のサイトとそれに情報サービスする中央のサイトを連結させたもの)をやっていっていますが、実際の店舗の現場は、まだまだかなりアナログな部分が残っています。

メールで連絡を取り合うというのが当たり前の様に思える現在でも、メールを入れるどころか、メールを受信する為にPCを立ち上げる事ですら煩わしいと思われてしまう現場というのも、まだまだあるのですね。

各店舗のサイトに設置したフォームを使ってお客さんから店舗に問合せなどを送ってもらっても、現場の人にその問合せメールをチェックしてもらえなくては困ります。

ではどうすればいいか?

Faxなら他の業務と同様にチェックしてもらえるから、NTTのiFaxを使ってメールをFaxに変換し、店舗のFaxへ送る様にします。

iFaxはFaxで送信したものをメールの添付画像として送信したり、メールで送ったものを複数のFaxへ同時に送信したりするものです。そのE-mail→Faxの変換機能を使うのです。

サイトシステムの規模がある程度大きく、変換するメールの数が多い場合は、こうした変換には専用サーバを作った方が良いのでしょうが、今回の場合、規模はある程度の大きさはあるのですが、メールの数がさほど多くないのと、ゆくゆくはメールでの受信に切り替えたいという事もあり、iFaxを使う事となりました。

1通あたり昼間26.25円・夜間19.95円かかるので、直接メールで受信する方が良いと思うんですけどね。

iFaxの詳細については次回に。

– – – – – – – – – – – – – – –
–iFAXは現在、bizFAXに名称が変わっています。(2013-03-30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です